ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

ニキビの原因とニキビ治療

ニキビは、皮脂や古い角質などが毛穴に詰まることによって引き起こされる皮膚の炎症性疾患です。酷い場合には炎症が広がって跡に残ってしまうこともあるため、きちんと治療することが大切です。ニキビの原因は、世代によって異なります。10代は成長期のため皮脂が出やすくなる、成長ホルモンが大量に分泌されている時期です。そのため皮脂が多く出やすいTゾーンである額や鼻の付近、頬などにも皮脂が増えやすく毛穴が詰まってしまいます。

対して大人になるとできる大人ニキビは、ストレスなどが原因です。ストレスが増えるとホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンが増えていきます。男性ホルモンは皮脂の分泌を活性化させてしまうため、皮脂のバランスコントロールができなくなりそれに合わせてニキビも増えてしまうのです。

これに加えて、睡眠不足によって血行や代謝が悪くなることで起こる肌のターンオーバーの乱れ、脂質や糖質の多い食事による皮脂の増加、運動不足による冷えや血行不良によって代謝が悪いなども原因となってしまいます。

自分でできる対策としては、肌を健やかに保つことが重要です。毎日きちんと洗顔を行うことによって、肌の汚れや不必要な油分を洗い落とすように心がけます。ただし、皮脂を洗い流しすぎると肌が乾燥してしまうため、これもニキビ に繋がります。

また、しっかりスキンケアをするということも重要です。繰り返すニキビ対策を行う場合には、予防に効果的な成分が配合した薬用化粧品を取り入れることによって改善できる可能性もあります。

ニキビをきちんと跡なく治療したいという場合には、ニキビ治療が有効です。ニキビは皮膚の炎症性疾患であるため保険が適用されます。ニキビ治療を行う場合には、でき始めたじきや出ている部位、症状や便通、食事、女性の場合は生理周期などもチェックします。ニキビは毛穴に皮脂が詰まっている面皰、赤く炎症の起こった丘疹、かなりひどい状態で毛穴が広がり炎症が広がり膿みを持っている膿疱に分けられます。

まだ炎症の起こっていない面皰や放っておくとニキビ跡になる丘疹の状態はすぐに毛穴の中の皮脂などを出して、感染コントロールを図ることが大切です。この状態を改善するためには、様々な治療を行うことができます。
皮脂が溜まっている状態を改善する場合には、専用の器具を使って皮脂を押し出す面ぽう圧出や、皮脂分泌を抑える効果と肌の調子を整えるビタミン剤や、細菌の繁殖を抑えることのできる抗生物質を服用する内服薬を使った治療、体質改善を行うための漢方薬を使った治療などが行えます。

また、細菌の繁殖を抑える抗生物質は外用薬としても利用されるほか、毛穴のつまりを改善する薬や炎症を和らげる薬なども利用されます。これらの治療は、ニキビの状態によって組み合わせて使われます。ニキビ治療の中には、保険適用外の治療もあります。その一つがケミカルピーリング です。皮膚を薄く剥離・除去することによって皮膚の細胞に刺激を与えて新陳代謝を促進させることができます。

皮膚の再生を促すことでニキビ跡などの治療ができると同時に、毛穴のつまりを改善してニキビを治療していく効果が得られます。イオン導入も効果的なニキビ治療です。イオン導入は皮膚の中にある外からの刺激を守るためのバリアを、弱い電流でイオン化することによってバリアを緩めて、肌に効果的な成分を肌の奥にまで届ける治療方法です。ニキビの改善に有効な、活性酸素を除去する効果や皮脂の抑制効果などのあるビタミンCを導入することによってニキビの症状を緩和します。他にも、レーザー治療などもありますが、洗顔とスキンケア、生活習慣などを見直して改善することも大切です。

最終更新日

ニキビ , 原因 , 治療