ニキビ治療の知恵袋

   

ニキビ治療洗顔料の選び方と方法

ニキビ治療をするためには、症状に合わせた正しい洗顔料を選ぶことと洗い方が大切です。
実はニキビの原因はみな同じではありません。症状と理由を理解してから改善法を探しましょう。
まずニキビには大きく分けて、20歳をボーダーラインとする思春期のものと大人のものがあります。
思春期ニキビは、皮脂の過剰な分泌が原因で炎症を起こした赤ニキビになりやすいです。
皮脂腺の多いおでこや鼻のTゾーンにできやすいのが特徴です。
この場合は、炎症を鎮める成分の入った洗顔フォームを選びます。ニキビの原因菌であるアクネ菌を抑える必要もあります。
抗炎症作用のあるハトムギやアロエ、アクネ菌の殺菌につながるイオウやグリチルレチン酸が配合されたものが適しています。
大人ニキビは、ストレスや不規則な生活などによるホルモンのバランスの乱れや免疫力の低下、
代謝の衰えによって皮脂が毛穴にたまることで悪化することが多く、顎やほほなどのUゾーンにできやすくなります。
これを改善するには、皮脂や角質の詰まりに効果のある成分が入った洗顔フォームを使用します。
サリチル酸やグリコール酸は、ピーリング作用があり皮脂と角質を落としてくれます。
炎症と毛穴詰まりが混合している時にはサリチル酸が有効です。
大人ニキビの場合は洗いすぎは肌のバリア機能を低下させ、さらに肌荒れを悪化させてしまうので、
潤いを保つマイルドなものを選びます。合成界面活性剤入りのものやアルコール、スクラブ入りのものは、
科学的な成分による洗浄力が強すぎて肌が不安定になってしまうので、なるべく避けたいものです。
フォームだけでなく固形石鹸にも成分の良いものが多くありますので、選択肢に入れると良いでしょう。
毛穴ケアをした後は、開いた毛穴を引き締める化粧水を使います。
ビタミンC誘導体は抗酸化作用があるので特におすすめです。
ニキビ治療のための洗顔方法は、とにかくやさしく洗うことです。
手に着いた雑菌でニキビを悪化させないように、まず手をきれいに洗います。
30度から34度のぬるま湯で数回顔を洗い、毛穴を開いておきます。
熱すぎるお湯は必要な皮脂まで落としますし、冷たすぎる水では毛穴が閉じて汚れが落ちません。
フォームは泡立てネットを使いよく泡立てます。手を逆さにしても落ちないくらいの濃密さにします。
大切なのは摩擦を避けることです。強くゴシゴシするのは肌を傷めます。
指が直接肌に触れることがないくらい、泡だけを転がして汚れをからめ取るように洗うのが理想です。
泡はまず一番脂っぽいと思う場所に置き、細かく円を描くように広げていきます。
濯ぎは徹底的にすることが肝心です。濯ぎ残しは一番いけませんので最低でも15回は濯ぎましょう。
こめかみや顎の下などのフェイスラインも忘れないように、あくまでもやさしく丁寧に洗い流します。
タオルで拭くときも、そっと水気を吸い取るようにやさしくおさえます。タオルは清潔なものを使用してください。
回数は朝晩の一日2回が基本ですので、洗いすぎないようにします。
皮脂は取りすぎると補おうとする力が働き、過剰な分泌につながります。
洗顔後は必ず保湿をします、油分は抑えて保湿成分を十分に補給します。
洗顔と基礎化粧で一番肌に良くないのは刺激です。顔につけた時にピリッとするようなものは使用をやめましょう。
痛いと感じたものを使い続けても良い結果にはなりません。
肌は一人一人違いますので、値段や評判ではなく自分の感覚を信じてください。
自分の抱えている肌荒れの症状を把握して、対応した製品を選ぶことが治療の第一歩です。
ニキビ治療は毎日の積み重ねです。今日から見直してやわらかいすべすべの肌を手に入れてください。

アクネ菌 , 毛穴ケア , 洗顔料