ニキビ治療の知恵袋

   

レーザーによるニキビ治療で美肌を目指そう

肌トラブルにも多くの種類がありますが、特にニキビは男女問わず多くの人の悩みとなっています。若い世代の場合はホルモンバランスが整うことで自然に解消できることも多くなっていますが、大人世代ではなかなか治らない、再発しやすいなど問題を抱えている人も少なくありません。
ニキビを改善させるためには、まずはスキンケアを丁寧に行うことが大切です。洗顔では余計な皮脂や毛穴に詰まった汚れを取り除くことが大事となりますが、このときにもあまりに皮脂を取り過ぎると逆効果になる可能性もあるので注意が必要です。皮脂を取り過ぎて肌が乾燥すると、さらに多くの皮脂が分泌される傾向にありますので、洗いすぎには注意し、その後に保湿をきちんと行いましょう。さらに睡眠不足や便秘、合わない化粧品の利用や精神的なストレスも肌質を悪くする要素となりますので、生活の改善も考えていきたいところです。
色々な努力をしてもまだ改善が得られないという場合は医療機関によるニキビ治療も考えていきたいところです。ニキビにも様々なタイプがありますので、まずは診察を受けそれぞれに合う方法で改善を目指していきましょう。
それほどニキビの状態が悪くないという場合は、まずは薬で対応することが多くなっています。塗り薬や飲み薬などが処方されますので、根気よく治療を続けていきましょう。
さらに、ニキビが治りにくい原因のひとつにはターンオーバーの機能が衰えているということがあげられます。ターンオーバーの機能が衰えるといつまでも古い角質が肌の表面に残っていますので、ニキビやニキビ跡が改善しづらい傾向にあります。
それゆえ、特殊な薬剤を肌に塗布し角質を無理なく剥がしてくれるケミカルピーリングは肌質改善に効果的とされています。ニキビの改善のためにはニキビ治療は根気よく続けていく必要がありますが、できることならより早くきれいな肌を取り戻したい、目に見えた結果が欲しいという人もあるのではないでしょうか。
そんな場合はレーザー治療も検討していきたいところです。レーザーは美容外科や美容クリニックで導入されており、様々なタイプの機器が用意されています。レーザー治療は赤く炎症を起こしたニキビの改善に効果的です。拡張した血管を破壊し炎症を抑えてくれますので、即効性が期待できる方法です。ニキビにはもちろん、ニキビが治ったとの色素沈着のケアにも役立ちます。さらに炎症がひどかった場合はニキビ跡がクレーターのようになっている人もいますが、こうした場合にもレーザーはコラーゲンの再生にも良い効果が期待できますので、有効な方法と言えるでしょう。
どのぐらいの回数行えば良い改善が得られるのかは症状により違いもありますので、カウンセリングの際にはどのぐらい通う必要があるのか、費用はどれだけかかるのかを確認しておくとより安心です。レーザー治療は単体で行われることもありますが、ケミカルピーリングやイオン導入など他の治療と組み合わせることも多くなっています。
照射の際は痛みが強くないかも気になるところですが、最近はより肌に負担が少なく痛みもあまり感じない機器も登場しています。痛みに弱いという人はカウンセリングの際にそのことも確認しておくと良いでしょう。
レーザーによるニキビ治療の良いところは施術時間が短いに関わらず高い改善効果が得られるということがあげられます。顔全体の場合はやや時間も必要となりますが、ポイント的に照射するのであれば10分程度と短時間で終わらせることも可能です。照射直後は肌もいつもよりデリケートとなっていますので、紫外線対策はしっかりと行い、保湿ケアもい丁寧に行っておくことがおすすめです。

レーザー , 大人ニキビ , 生活習慣